数ある投資の中でも投資信託と言えばどうしても、かなりの資金力がありそれをファンドマネージャーに預けると言うイメージをお持ちの方が多いのではないかと思います。
しかしながら日常生活の中でクレジットカードの利用や、インターネットショッピングによって貯められたポイントを投資信託に回す手法が生まれています。
それも少額からスタート可能なので具体的にご紹介したいと思います。
そもそもの投資金額が少なくて済むことや現金を投資するわけではないので非常にメリットが大きいと思います。
1番わかりやすいところで言うと楽天カードです。
楽天グループでは1ポイント=1円でたまったポイントを投資信託を購入することができます。
また楽天証券と紐付けることによって、決済金額の1%がポイントとして還元されると言うメリットもあります。
そもそもその元本となるポイントは前述の通りインターネットショッピングや楽天グループのサービスを利用することによって食べられたポイントになりますので、現金によるリスクのある投資を行うわけでありません。
例えば、1万円でショッピングすると100ポイントがたまります。
これはもちろん楽天市場で運用可能ですし、さらに投資信託の積み立て資金にあてることも可能です。
還元金額が高いので本格的に考えている方にも向いているかもしれません。
また、ポイント投資はかなり種類が増えてきています。
ポイントサイトやアンケートサイトで貯めてきたポイントを投資信託にまわすことができます。
変換はポイント、または電子マネーですが、最終的には現金にかえることができます。
こうした流れによって投資信託が、身近に感じられることは大きなメリットになります。
だれしもが、少ない金額で投資を始める。
しかも非課税であれば、気にすることなくインターネット上でも運用することができるのではないでしょうか。
もちろん、少額からスタートしてこなれてくれば、さまざまなポイントや電子マネーを、集約して効率よく運用していくことも考えられるでしょう。
投資を行う際の第一歩としてまずは考えてみてはいかがでしょうか。
何からスタートしたらいいかわからないと言いながらも今であれば携帯電話の通信料金や楽天グループ、その他にも様々なサービスがポイント投資を始めていますのでなんだか自分自身に当てはまるものが出てくるはずです。
そこを見極めてスタートしていきましょう。リスクが少ないだけに非常に早いと思います。