ブラック・ショールズ・モデルとは、バイナリーオプションの購買プライスを形成するための方程式です。一例を挙げれば、バイナリーオプションでは「2時後(判定時刻)に100円より上」になる権利(コール)が刻々と移り変わりしています600円や650円、700円など。この値段を形成するために、ブラック・ショールズモデルという方程式をFX企業は使用しています。活用といっても、計算式が入っているエクセルや仕組みにより、各回号のショッピング費用が決まるのです。しかも、過去のボラティリティ(プライスの変化率)では測れない、未来の大切経済指標やイベントなどもあらかじめリストアップしています。こういったイベント時には急激な金額変化が起きる事が予見されるので、その回号時にマッチしてショッピング費用を変えるという事も行っています。

一例を挙げれば、目下のレートが100円だとして、5時の間に10銭ほどしかドル円のレートが動いていない時価であったとしても、21時30分に米国の採用統計の公表があれば、その直後に大きく動く事が見当されます。
月次公表される米国の採用についての指標であり、同国では採用状況を改善する事が金融方針において優先される。統計の中でも、特に非農業部門採用者数と失業率が注意されている。そのケース、「101円より上」や「99円より下」の極端なレートの権利が30円や50円だと、トレーダーにとってかなり有利になるので(30円を出資して、1000円のリターンが返ってくる確率が高い)、コールの代金を900円や950円へと大きく上げる不可欠があります。本当は、バイナリーオプションの用意その頃は単純なブラック・ショールズの計算に終始し、こういった未来のイベントを織り込んでいないFX企業が多くありました。

そんな訳で、そういイベントがある回号を意識し、「01円より上や「9円より下の今現在のレートから離れた極端なレート(アウト・オブ・ザ・マネーとい)の取引をして大きく利益を上げるトレーダーが増加したため、このところではこういったイベントを欠かさずちゃんとと織り込むようになりました。取引自体は判定時刻の直前(2分前など)までできるという、少しばかり複雑な仕組みになっています。外国バイナリーオプション専門家では未だ質素な取引が可能なのですが、外国のバイナリーオプションプロで詐欺トラブルに遭う時も少なくないのです。詐欺トラブルの中身については、後ほど克明に紹介します。

2013年まではFXより仕組みが質素運が良ければ勝てるというバイナリーオプションでしたが、国内で規制がなされた後はFXとあまり変わらない仕組みとなっています。日本国内のバイナリーオプションは、もう運だけで勝てるようなギャンブル的な仕組みではなくなってしまったのです。さらに、インターネットでたくさん調べようと思っても規制前の情報も多々あるため、ビギナーにとっては現況どの情報が正しいのか決断がしづらい状況です。仮に今後バイナリーオプションを始めようと思っているケースは、オンラインや本などでも情報量が多々あるFXの方が推奨ですよ。