多くの銀行や証券会社では、投資信託という商品を提供しています。専門家にお金を運用してもらう商品ですが、それに関心を抱いている方も多いです。ただ色々な点を考慮すると、むしろバイナリーオプションの方がおすすめという声も多いです。

投資信託という商品の特長

投資信託は、取引を代行してもらえるメリットがあります。その点、普段忙しい方々が注目している事が多いです。
例えば普段忙しい主婦の方は、なかなか取引する時間を確保できない事もあるでしょう。FXで取引したくても、育児が忙しくては取引できません。サラリーマンの方々も同様です。
ところが投資信託という商品であれば、わざわざ自分で取引する必要はありません。基本的には専門家に取引を代行してもらえるので、半放置の状態にしてお金を稼ぐこともできます。
ただ、銘柄はよく選ぶ必要があります。各銘柄はそれぞれ利益率も異なりますし、よく比較してみる方が良いでしょう。

短期で結果が出るバイナリーオプション

ところでお金を稼ぎたいなら、バイナリーオプションという方法もあります。バイナリーオプションは、お金を稼げるスピードにメリットがあります。
オプション取引の場合、比較的短期で結果が出るのです。国内業者の場合は、およそ2時間後には結果が出るシステムになっています。海外業者はもっと早く、わずか数十秒程度で結果が出るのです。
ところが投資信託の場合は、結果が出るまで相当時間がかかります。利回りが5%ぐらいになっている商品も多いですし、ある程度利益を出すためには、それなりに時間がかかってしまうのです。
そもそも売買を代行なら、オプション取引も可能です。自動売買のシステムを活用すれば、半ば自動化させることもできるのです。ツールは慎重に選ぶ必要はありますが、あまり手間をかけずにお金を稼ぐことも可能です。

投資信託より手軽に取引できる

またバイナリーオプションは、手続きもそれほど面倒ではありません。投資信託のように色々な書類のやり取りも無いからです。投資信託ですと、色々契約に関する手続きを行うことになりますし、担当者の説明も聞かなければなりません。それだけに、若干手間がかかるという声もあります。
それに対してバイナリーオプションは、比較的手軽です。オプション取引の場合、簡単な手続きで口座開設できますし、入金も簡単です。
強いて言えば、知識テストはあります。ただ要点を抑えておけば、そのテストも決して難しくないという声も根強いです。手軽に取引できる点を考慮すれば、投資信託よりはオプション取引がおすすめです。